手作りの指輪に使われている4つの素材 | 意外と知らない 手作り指輪の素材

手作りの指輪に使われている4つの素材

指輪を手作りするには、色んな方法があります。
しかしどの方法で手作りをすることになっても、なくてはならないのが素材です。
では手作りで使われている素材には、どういう種類があるのでしょうか。

▼目次

身近な素材でつくる指輪

手作りの指輪に使われている素材は大きく分けて、4種類あります。
まず1つ目は、身近にある素材です。
素材にもよりますが、近所の手芸店で手に入りコストもほとんどかかりません。
身近にある素材として挙げられるのが、ビーズでしょう。
手芸店はもちろんですが、最近は100円均一でも種類が豊富に揃っています。
ビーズの組み合わせ次第によっては、色んな形の指輪に作ることができます。
また粘土も、身近にある素材の1つです。
「指輪を粘土で作る」と聞くと、学校の工作を思い出すかもしれません。
でも最近は、粘土で作ったとは思えないほどクオリティの高い手作りの指輪も沢山あります。
また銀が含まれている銀粘土を使って手作りの指輪を作れば、プロ顔負けのものに仕上がります。

手作りの指輪をつくる

木の素材が使われている指輪も、密かに注目されています。
独特の木目は人工で出そうと思っても、簡単に出るものではありません。
本当の意味での「世界に1つしかない指輪」となるので、オリジナリティを求めているのならばおすすめの素材です。
貝が素材になっている「シェルリング」も、注目されています。
貝が放つ独特の光沢は、身につけた人の魅力を一気に高めてくれるでしょう。

意外な素材でつくる指輪

2つ目の手作り指輪の素材は、意外な素材です。
一見すると指輪と縁がないように見えますが、指輪の素材としてよく使われています。
代表的な意外な素材としては、ステンレスが挙げられます。
ステンレスは台所にあるシンクなどに使われており、生活に密着しています。
でもステンレスは錆びにくく、磨き上げれば美しい輝きを放ちます。
ステンレスを素材として使われた指輪は、シルバーやプラチナが使われている指輪と遜色ありません。
見た目にも美しく、ステンレスで作られているのかどうかおもわず疑ってしまいそうになります。

チタンも、意外な素材の1つと言えるでしょう。
チタンは、航空機・自転車・ゴルフクラブ・打楽器などにも使われる素材です。
耐久性に優れているのが特徴で、余程乱暴に取り扱わない限りは壊れることはありません。
さらに、アルミニウムを素材として作られた指輪もあります。
アルミニウムでできた手作りの指輪は、プラチナのような輝きを放っています。
大抵はアルミから指輪を作り上げますが、中にはアルミホイルから指輪を手作りする猛者もいます。

金属でつくる指輪

3つ目の手作りの指輪で使われている素材は、金属です。
手作りの指輪に使われている素材の中で、最も多く使われている素材と言ってもいいでしょう。
定番ものは、シルバーやゴールドが挙げられます。
シルバーの高貴な輝きは、古の時代から親しまれてきました。
また魔除けにも使われている素材で、お守りとして指輪を手にする方も少なくありません。
ゴールドのゴージャスな輝きは、世界中の人を虜にしています。
ゴールドは色褪せることがなく、数千年前に作られた装飾品でも光り輝いているほどです。

日本で最も人気が高い金属の素材は、プラチナでしょう。
結婚・婚約指輪でよく使われている素材で、白く輝く銀色が特徴的です。
漢字で書くと「白金」と書きますが、金とは全くの別物です。
プラチナの指輪の人気が高い理由として挙げられるのが、実用性に優れているからです。
変色しにくいのが特徴で、乱暴に扱わない限りは壊れることもありません。
金属アレルギーになりにくい素材としても知られているので、肌が弱い人にもおすすめの逸品となっています。

ハイブランド素材でつくる指輪

そして最後4つ目の素材は、ハイブランドの素材です。
ハイブランドにもよりますが、世界的に名前が知られているブランドが提供している指輪のほとんどは、手作りによって仕上げられています。
世界中から有能な職人を集めて、厳選された素材だけで指輪を作り上げています。
例えばシルバーの指輪を作る際、ハイブランドはシルバーの中でも最高品質を誇るものだけを使います。
厳選された素材しか使わないので、市場に出回っている数はかなり少ないです。
1つ数百万円は当たり前で、高いものになると数千万円する指輪もあるほどです。
「数千万円の指輪を手にするのは無理だ」という声もあるでしょうが、ほとんどは数十万円で買えるものばかりなので心配無用です。
でも数十万円に価格が落ちているからとは言え、職人は一切手を抜くことはありません。
安いからと手を抜いて仕上げてしまうと、職人やブランドのプライドが傷つくからです。
ブランドの指輪が持っているプライドは、生命線そのものです。

4つの素材で手作りされた指輪に共通して言えることは、世界に1つしかないことです。
世界に1つしかない指輪は身につけた人を演出するだけでなく、思い出を形にしてくれます。
例えどんなに安い指輪でも、思いがこもっているのならば数億円以上の価値があります。

新着情報

手作り結婚指輪に使われている素材

手作り結婚指輪のイメージ

結婚指輪と言えばハイブランドのダイヤモンドリングを購入するイメージが強く、お金がかかるものという認識を持っている人がほとんどでしょう。

しかし最近ではショップへ行って既製品を選ぶのではなく、あえて自分たちで結婚指輪を手作りするカップルが増えているそうです。

手作り結婚指輪と聞くとどうしてもクオリティ面で心配する声があがり、「すぐ壊れてしまうのではないか?」「素材も安っぽいものを使っているのではないか?」といったイメージが持たれています。

ただ実際に手作り結婚指輪を選んだカップルに話を聞いてみると、こういったイメージとは真逆の感想が返ってくることがほとんどです。

手作り結婚指輪に使われている素材 ≫ Click

結婚指輪購入口コミ「あきがこない、シンプルなデザインがオススメ」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

結婚5年目

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

旦那70000円妻140000円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

ブランドは特に気に入っているのはなかったので、ダイヤモンドシライシさんで指輪を見に行きました。

デザインは旦那はシンプルなのがいいとのことで何もついていない指輪を選びました。

わたしはひとつ小さなダイヤが付いているのが可愛くて、他はシンプルなデザインの指輪を選びました。

それぞれが自分の気に入ったデザインを選び納得の上で購入しました。

つけた感じはつるっとしていてつけやすく、そんなに太くないのでおしゃれですごく気に入っています。

結婚指輪購入口コミ「あきがこない、シンプルなデザインがオススメ」 ≫ Click

意外と知られていない結婚指輪の素材

結婚指輪の素材は意外と知られていない

結婚指輪は、見ているだけでも幸せになれる逸品です。

「なんて素敵な指輪だろう」と目を輝かせて眺めていても、どういう素材でできているかは意外と知られていません。

そこで結婚指輪に使われている素材と、相場について取り上げます。

意外と知られていない結婚指輪の素材 ≫ Click

結婚指輪購入口コミ「よりよいデザインの指輪」

1. 性別

女性

2. 購入時の年齢

30代

3. 現在、結婚何年目ですか?

4. 購入した結婚指輪の価格を教えてください(お二人それぞれの価格)

22万円

5. お持ちの結婚指輪に決めたポイントを教えてください(デザイン面、予算面、好みのブランドなど、視点はご自由に述べてください)

私が結婚指輪を購入の決め手となったポイントは指輪のデザインと予算の面を考えてこのくらいのセンスの物なら買っても良いかどうかで判断したというのがありました。

特に結婚指輪でどこのブランドが良いかというのは考えてませんでした。

あくまで指輪のデザインを重視して購入しました。

その際には気に入ったデザインの指輪があっても値段がちょっと高いと感じたものは除外して値段的にお得感がある物を選んだというのがありました。

結婚指輪購入口コミ「よりよいデザインの指輪」 ≫ Click

どこのブランドも指輪の素材はほとんど同じ

手作り指輪の素材は?

手作り指輪の素材と聞いて、どういうものを想像するでしょうか。

正直なところピンからキリまであり、1つ1つの素材を紹介すると、百科事典が完成するほどです。

素材は指輪のクオリティを大きく左右するので、指輪選びに置いては重点的に見ておきたい所です。

しかし指輪のデザインは注目されていますが、素材に関しては手つかずの状態です。

そこで指輪の素材について、取り上げます。

どこのブランドも指輪の素材はほとんど同じ ≫ Click