おすすめ素材の選び方 | 意外と知らない 手作り指輪の素材

HOME » 手作り指輪の素材 » おすすめ素材の選び方

おすすめ素材の選び方

手作りの指輪に使われている素材は、沢山あります。
その中から1つを選び指輪を手作りするのは、とてつもなく難しい作業です。
しかも素材の選び方についてはマニュアル化されておらず、正解がありません。
そこで間違った素材を選ばないためにも、おすすめしたい素材の選び方について取り上げます。

まずは、手作りした指輪を何に使うのかを考えて下さい。
例えば結婚指輪ならば長年使うことになるので、選び方としては長持ちする素材を選択するのがベストです。
ちなみに結婚指輪として人気がある素材は、プラチナです。
プラチナは耐久性があり、大切に取り扱えば何十年と使える素材です。
値段も手が届かない価格という訳ではないので、選択肢の1つとして加えても良いでしょう。

結婚指輪を東京で手作りするなら

身につける人が似合うか似合わないかを考えるのも、おすすめの選び方です。
折角高いお金を出し精巧に手作りされた指輪を手にしても、全く似合わなかったら話になりません。
似合うかどうかは実際に手作りの指輪を身に着けなければ分かりませんが、指の形から判断することができます。
例えば指が細い人であればゴージャスな指輪・短い人であればシンプルな手作りの指輪がおすすめです。

ただしどんなに素晴らしい指輪でも、財布と相談するのは避けられません。
手作りでできた指輪は機械生産で作られた指輪と比べると、割高になっています。
高いものになると数千万円近くするものもあり、セレブでない限りは手にするのは難しいでしょう。
指輪の素材によっては、割安で手に入るものもあります。
手作りのできによっては、高価な素材と遜色ない美しい輝きを放っているものもあります。

そして忘れてはならないのが、金属アレルギーです。
金属アレルギーがおきにくい素材は幾つかありますが、絶対に大丈夫と保証はできません。
1番いい方法は、皮膚科医でパッチテストを受けることです。
パッチテストを受けてアレルギー内容を詳細に把握すれば、トラブルも少なくなるでしょう。